メニューを開く 検索 ログイン

非定型大腿骨骨折の実態が明らかに

日整会の全国調査からBP製剤との関連を検討

2016年08月03日 06:10

2名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 骨粗鬆症に、定型的な大腿骨近位部骨折とは異なり、転倒程度の軽微な外傷で大腿骨転子下または骨幹部に発生する非定型大腿骨骨折(AFF)。ビスホスホネート(BP)製剤投与により発生リスク上昇が指摘されているが、実態は明らかにはされていない。第34回日本骨代謝学会(7月20~23日、会長=近畿大学奈良病院整形外科・リウマチ科教授・宗圓聰氏)の骨形態計測学会と日本整形外科学会との合同シンポジウムでは、日本整形外科学会が2010年から行っているAFFレジストリの報告がなされるなど、AFFとBP製剤との関連について最新の知見が報告された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  非定型大腿骨骨折の実態が明らかに

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで