メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  小児急性中耳炎に抗菌薬併用療法を提案

小児急性中耳炎に抗菌薬併用療法を提案

 2016年08月04日 07:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 小児急性中耳炎患者では、急性鼻副鼻腔炎合併などによる難治化が問題視されているが、治療に関してはアモキシシリン(AMPC)単独療法が中心である。そこで、和歌山県立医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科の戸川彰久氏は、効果的な抗菌薬コンビネーション治療として、クラリスロマイシン(CAM)とAMPCとの併用療法を提案。多施設共同・無作為割り付けオープン比較試験として、中等症例を対象に単独療法と併用療法の効果を検討した結果について、第117回日本耳鼻咽喉科学会通常総会・学術講演会(5月18~21日、会長=名古屋市立大学耳鼻咽喉・頭頸部外科教授・村上信五氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

全国的に真夏の暑さ。猛暑日の所も。先生の熱中症対策は?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  小児急性中耳炎に抗菌薬併用療法を提案

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05504288 有効期限:5月末まで