メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  CPAPのアドヒアランス予測指標とは?

CPAPのアドヒアランス予測指標とは?

ノンレム期の評価が重要

 2016年08月04日 07:10

 閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)などに対する持続陽圧呼吸療法(CPAP)のアドヒアランスを予測する因子として、これまでは年齢や性、CPAP施行前の眠気、CPAP初期圧などが指摘されてきた。愛知医科大学耳鼻咽喉科の星野哲朗氏は、基本的な睡眠構造であるレム期とノンレム期に着目して検討した結果から、ノンレム期における夜間低酸素血症の時間の割合がCPAPの有用なアドヒアランス予測因子となるとの知見を、第117回日本耳鼻咽喉科学会通常総会・学術講演会(5月18~21日、会長=名古屋市立大学耳鼻咽喉・頭頸部外科教授・村上信五氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  CPAPのアドヒアランス予測指標とは?

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10504289 有効期限:10月末まで