メニューを開く 検索を開く ログイン

CPAPのアドヒアランス予測指標とは?

ノンレム期の評価が重要

 2016年08月04日 07:10
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)などに対する持続陽圧呼吸療法(CPAP)のアドヒアランスを予測する因子として、これまでは年齢や性、CPAP施行前の眠気、CPAP初期圧などが指摘されてきた。愛知医科大学耳鼻咽喉科の星野哲朗氏は、基本的な睡眠構造であるレム期とノンレム期に着目して検討した結果から、ノンレム期における夜間低酸素血症の時間の割合がCPAPの有用なアドヒアランス予測因子となるとの知見を、第117回日本耳鼻咽喉科学会通常総会・学術講演会(5月18~21日、会長=名古屋市立大学耳鼻咽喉・頭頸部外科教授・村上信五氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

家庭で楽しみな風呂は?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  CPAPのアドヒアランス予測指標とは?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12504289 有効期限:12月末まで