メニューを開く 検索 ログイン

FHホモ接合体の新薬で臨床成績を公表

MTP阻害薬・国内第Ⅲ相試験

2016年08月04日 07:20

 国立循環器病研究センター研究所病態代謝部部長の斯波真理子氏らは、家族性高コレステロール血症(HoFH)ホモ接合体患者に対する新規の治療薬MTP阻害薬(lomitapide)が、26週後のLDLコレステロール(LDL-C)値を約40%有意に低下させたとする国内第Ⅲ相試験の結果を、第48回日本動脈硬化学会総会・学術集会(7月14~15日、会長=東京医科歯科大学教授・下門顯太郎氏)で発表した。〔読み解くためのキーワード:MTP阻害薬

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  FHホモ接合体の新薬で臨床成績を公表

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD504313 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外