メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  日本のアルコール医療の見直しを①

日本のアルコール医療の見直しを①

断酒だけでなく節酒から始めて治療対象の拡大を

 2016年08月08日 07:10

 米国精神医学会の精神疾患の診断・統計マニュアル第5版(DSM-5)により、アルコール依存・乱用を物質使用障害として統合したアルコール使用障害という概念が提唱され、診断基準には従来なかった渇望の項目が組み込まれた。これにより、重症患者への断酒だけでなく軽症患者への節酒も治療選択肢となる。日本のアルコール医療は、アルコール依存症(以下、依存症)を対象に断酒を唯一の治療目標として約50年にわたり行われてきたが、長期断酒率は2割程度で、この治療成績はいまだ変わっていない。国立病院機構肥前精神医療センター院長の杠(ゆずりは)岳文氏はアルコール医療の問題点を指摘し、治療目標に節酒を積極的に取り入れ、軽症を含めてアルコール使用障害者全般を治療対象として拡大する必要があることを、第112回日本精神神経学会学術総会(6月2〜4日、会長=東京慈恵会医科大学精神医学講座教授・中山和彦氏)のシンポジウム「DSM-5時代のアルコール依存の診断と治療のゴール--断酒か飲酒量低減か--」で強調した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ランキング

  1. 1

    世界初の成人スチル病診療GL作成

  2. 2

    GLP-1週1回製剤の安全性と有効性

  3. 3

    日本発、糖尿病の多因子介入で新エビデンス

  4. 4

    人材紹介会社をいかに使うか

  5. 5

    SGLT1+SGLT2阻害薬でHbA1cを改善

  6. 6

    糖尿病患者は肝がん死亡率が高い

  7. 7

    FDA、がん治療にバイオシミラーMvasiを初承認

  8. 8

    スタチン治療適格基準患者はがん高リスク

  9. 9

    世界の食事摂取基準を変える!新研究

  10. 10

    急性下気道感染症にステロイドは無効

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    第一選択薬はメトホルミンか、GLP-1薬か

  2. 2

    マクロライドの光と影

  3. 3

    「抗炎症作用のみの薬剤」で動脈硬化予防

  4. 4

    片頭痛は前駆期にトリプタン系薬を開始、制吐薬を併用せよ!

  5. 5

    宮岡等氏がメンタル問題への対応を辛口批評

  6. 6

    カフェイン摂取でアナフィラキシー

  7. 7

    【寄稿】日本人に多い膵・胆管合流異常

  8. 8

    SGLT1+SGLT2阻害薬でHbA1cを改善

  9. 9

    <第17回>ADLなどに関係なく問題となる「高齢者の便秘」

  10. 10

    日本発、糖尿病の多因子介入で新エビデンス

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  日本のアルコール医療の見直しを①

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P09504279有効期限:9月末まで