メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  GLP-1アナログで胆管・胆嚢疾患リスク上昇

GLP-1アナログで胆管・胆嚢疾患リスク上昇

7万例の2型糖尿病患者を検討

2016年08月08日 07:20

2名の医師が参考になったと回答 

 インクレチン関連薬による胆管・胆嚢疾患の新規発症リスクはDPP-4阻害薬では上昇しないが、GLP-1アナログでは79%のリスク上昇が認められた。フランス・University of MontpellierのJean-Luc Faillie氏らは、7万例を超える英国の2型糖尿病患者を対象に、インクレチン関連薬(DPP-4阻害薬およびGLP-1アナログ)の使用に伴う胆管・胆嚢疾患の新規発症リスクをその他の経口糖尿病治療薬と比較検討した研究結果をとJAMA Intern Med2016年8月1日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  GLP-1アナログで胆管・胆嚢疾患リスク上昇