メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  睡眠時無呼吸症候群の診療GL案を提示

睡眠時無呼吸症候群の診療GL案を提示

日本睡眠学会第41回定期学術集会

2016年08月09日 07:10

 睡眠時無呼吸症候群の診療ガイドライン(以下、GL)が来年までの公表を目標に策定作業が進められている。日本睡眠学会第41回定期学術集会(7月7〜8日、会長=日本大学精神医学系主任教授・内山真氏)ではGLセッションが設けられ、心血管疾患に生活習慣病と相まった危険因子とされる閉塞性SAS(OSAS)に関するクリニカルクエスチョン(CQ)や、治療法に関するCQの検証結果が報告された〔企画:京都大学大学院呼吸管理睡眠制御学特定教授・陳和夫氏(座長)、エビデンスレベルは策定段階のもので、今後変更の可能性あり〕。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  睡眠時無呼吸症候群の診療GL案を提示