メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

睡眠時無呼吸症候群の診療GL案を提示

日本睡眠学会第41回定期学術集会

 2016年08月09日 07:10
プッシュ通知を受取る

 睡眠時無呼吸症候群の診療ガイドライン(以下、GL)が来年までの公表を目標に策定作業が進められている。日本睡眠学会第41回定期学術集会(7月7〜8日、会長=日本大学精神医学系主任教授・内山真氏)ではGLセッションが設けられ、心血管疾患に生活習慣病と相まった危険因子とされる閉塞性SAS(OSAS)に関するクリニカルクエスチョン(CQ)や、治療法に関するCQの検証結果が報告された〔企画:京都大学大学院呼吸管理睡眠制御学特定教授・陳和夫氏(座長)、エビデンスレベルは策定段階のもので、今後変更の可能性あり〕。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナワクチンの職域接種、先生は接種に参加?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  睡眠時無呼吸症候群の診療GL案を提示