メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  乳がん手術で温存術と全摘術が逆転か

乳がん手術で温存術と全摘術が逆転か

 2016年08月09日 07:15
プッシュ通知を受取る

 乳がんの外科手術では、乳房の温存術が切除術と比べて遜色ない予後が期待できることが証明されて以降、温存術を主流とする時代が長らく続いてきた。しかし、ここにきて3年前に保険適用されたインプラントによる乳房再建術の施行数が劇的に増加し、逆転現象が起こることが予想されている。このほど東京都で開かれたアラガン・ジャパン主催のプレスセミナーで、昭和大学乳腺外科教授の中村清吾氏は「インプラントによる乳房再建術の普及により、無理な温存術は減少し、全摘術が温存術を上回る可能性がある」と述べた。また、がん・感染症センター都立駒込病院形成再建外科部長の寺尾保信氏は、乳がんの根治性と乳房の整容性の両立への取り組みが可能になりつつあることを示した。一方、女優の生稲晃子氏は、患者の立場から5年近くに及ぶ乳がんの闘病生活を回顧し、生命を最優先するために全摘術を選択したことを明らかにした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

2023年に人類初の月旅行。無料招待券が届いたら?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  乳がん手術で温存術と全摘術が逆転か

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10504335 有効期限:10月末まで