メニューを開く 検索 ログイン

乾癬への抗IL-17A抗体でより高い効果

イキセキズマブで会見

2016年08月10日 07:05

 今年(2016年)7月、乾癬の病態に深く関与しているインターロイキン(IL)-17Aを標的とする乾癬治療薬イキセキズマブが承認された。同製剤を投与後、乾癬の重症度判定の指標であるPsoriasis Area and Severity Index(PASI)スコア※1が75%改善(PASI75)した日本人の患者は9割以上(12週後)で、寛解が得られた患者が3割存在したとする国内第Ⅲ相試験成績を踏まえ、日本医科大学大学院皮膚粘膜病態学分野教授の佐伯秀久氏は「より高い効果が得られるようになった」と述べた。8月3日に東京都で開かれた記者発表会(主催=日本イーライリリー株式会社、鳥居薬品株式会社)での見解。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  乾癬への抗IL-17A抗体でより高い効果

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで