メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  非定型大腿骨骨折 BPの関与は?

非定型大腿骨骨折 BPの関与は?

第34回日本骨代謝学会

 2016年08月10日 07:10

 非定型大腿骨骨折(AFF)に関しては、ビスホスホネート(BP)製剤を投与すると発生リスクが上昇することや、骨吸収および骨形成が過剰に抑制される「骨代謝回転の過剰抑制(SSBT)」という現象が関与することが指摘されているが、実態については明らかではない。第34回日本骨代謝学会学術集会(7月20~23日、会長=近畿大学奈良病院整形外科・リウマチ科教授・宗圓聰氏)の日本骨形態計測学会と日本整形外科学会との合同シンポジウムでは、AFFの実態に関する全国調査の結果の他、AFFとBP製剤との関連について骨折前に存在する画像所見に着目した検証の結果や、SSBTの関与やbeakingのリスク因子の検討結果、治療の最前線など、最新の知見が報告された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  非定型大腿骨骨折 BPの関与は?

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10504370 有効期限:10月末まで