メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  日本含むFH国際研究で浮かび上がった課題

日本含むFH国際研究で浮かび上がった課題

日本動脈硬化学会・Ten Countries Study

 2016年08月10日 15:25
プッシュ通知を受取る

 アジア・南太平洋地域などの15カ国・地域が参加する家族性高コレステロール血症(FH)の診断・治療に関する調査研究Ten Countries Studyの中間解析の結果がまとまった。日本も同Studyに参加しており、学会員を通して全国の実地医家に調査を依頼した日本動脈硬化学会〔理事長= 山下静也氏(りんくう総合医療センター・病院長)〕は、公式サイトを通じ「参加15カ国・地域の中で日本が最も回答数が多かった」と公表した。同Studyによって浮かび上がった日本のFH診療や課題について、同学会理事の三井田孝氏(順天堂大学大学院臨床病態検査医学教授)に聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

10連休中に行われた4年に1度の医学会総会

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  日本含むFH国際研究で浮かび上がった課題

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05504389 有効期限:5月末まで