メニューを開く 検索を開く ログイン

ホットバルーンの不整脈に対する臨床成績

36週後のAF非再発率は59%

 2016年08月12日 07:05
プッシュ通知を受取る

 カテーテルアブレーションは心房細動(AF)に対する確立した治療法だが、点状に心筋組織を焼灼することから、肺静脈隔離(PVI)の完遂には熟練した技術と手技時間を要する。そこで同術を簡便かつ短い手術時間で行えるようにわが国で開発されたのが、世界初の高周波を利用したバルーンカテーテルによるアブレーションシステムである。大崎病院東京ハートセンター(東京都)不整脈センターセンター長の曽原寛氏は、術後36週のAF非再発率がホットバルーン群で59.0%であったことを第63回日本不整脈心電学会学術大会(大会長=筑波大学循環器内科教授・青沼和隆氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  ホットバルーンの不整脈に対する臨床成績