メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  遅発性拡散低下を呈する急性脳症が多い

遅発性拡散低下を呈する急性脳症が多い

症候群分類に基づく疫学調査

 2016年08月15日 07:10

 急性脳症の症候群分類は2007年までにほぼ達成され、各症候群の病理・病態も少しずつ解明されてきた。しかし、症候群分類に基づく疫学調査は行われていなかった。東京大学大学院発達医科学教授の水口雅氏は、急性脳症の症候群分類に基づく疫学調査の結果を、第58回日本小児神経学会学術集会(6月3〜5日、会長=順天堂大学練馬病院小児科教授・新島新一氏)のシンポジウム「急性脳症−小児神経学会によるガイドライン(以下、GL)の策定−」で報告。「急性脳症の症候群別の頻度は、二相性痙攣と遅発性拡散低下を呈する急性脳症(AESD)が最も多く、次いで可逆性脳梁膨大病変を有する軽症脳炎・脳症(MERS)、急性壊死性脳症(ANE)などの順であった」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  遅発性拡散低下を呈する急性脳症が多い

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10504377 有効期限:10月末まで