メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  ウエアラブルでマンション居住者の健康管理

ウエアラブルでマンション居住者の健康管理

健都;国循とデベロッパー3社が連携協定締結

 2016年08月15日 16:41
プッシュ通知を受取る

調印式(8月12日、国立循環器病研究センター)

(左から)近鉄不動産(株)・保永敏夫氏、善本烈氏、赤坂秀則氏(取締役社長)、

     国立循環器病研究センター・小川久雄氏(理事長)、西辻浩氏、宮本恵広氏

 国立循環器病研究センターは、近鉄不動産、大和ハウス工業、名鉄不動産の3社と「『健都』マンションプロジェクト」における連携協定を締結、8月12日に同センターで調印式と記者発表を行った。日本初の試みとして、マンション居住者を対象にウエアラブル端末を利用した健康管理システムが導入されるとともに、高度循環器ドック受診権が付与される。同センター理事長の小川久雄氏は「提供されたバイタルデータは居住者の健康管理に用いるだけでなく、循環器病研究に生かしその成果をいずれ全国に発信する予定だ。住民参加による健康寿命延伸の研究と実践は、健都の名にふさわしい試みと自負している」と語った。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

いよいよ開幕!2018FIFAワールドカップ。ズバリ優勝するのは?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  ウエアラブルでマンション居住者の健康管理

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06504420 有効期限:6月末まで