メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  敗血症既往は死亡と心血管イベントのリスク

敗血症既往は死亡と心血管イベントのリスク

【海外短報】

 2016年08月16日 07:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images ※画像はイメージです

 敗血症サバイバーは一般集団および他疾患患者と比べ全死亡と心血管イベントのリスクが高いと、台湾のグループがAm J Respir Crit Care Med2016; 194: 209-217)に発表した。

続きを読む 

心筋梗塞、心不全、脳梗塞、脳出血、心臓突然死または心室性不整脈も有意に高い

 退院まで生存した敗血症患者は合併症と死亡のリスクが高いが、敗血症後の長期的な全死亡リスクと心血管転帰は明らかではない。同グループは、敗血症サバイバーの長期臨床転帰を検討した。

 2000〜02年の台湾国民健康保険研究データベースから敗血症患者のデータが得られた。一般集団と敗血症以外の疾患による入院患者を対照とし、傾向スコアにより敗血症患者とマッチさせた。主要エンドポイントは全死亡、主要心血管イベント(MACE)、心筋梗塞(MI)、心不全、脳卒中、心臓突然死または心室性不整脈とした。

 その結果、敗血症サバイバーは一般集団と比べ全死亡(ハザード比2.18、95%CI 2.14〜2.22)、MACE(同1.37、1.34〜1.41)、MI(同1.22、1.14〜1.30)、心不全(同1.48、1.43〜1.53)、脳梗塞(同1.27、1.23〜1.32)、脳出血(同1.36、1.26〜1.46)、心臓突然死または心室性不整脈(同1.65、1.57〜1.74)のリスクがいずれも有意に高かった。

 非敗血症入院患者との比較ではリスクは若干緩和されたが、ほぼ同様の結果が得られた。

(編集部)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  敗血症既往は死亡と心血管イベントのリスク

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12504384 有効期限:12月末まで