メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  高齢者の多剤服薬に"切り込む"薬剤師

高齢者の多剤服薬に"切り込む"薬剤師

ポリファーマシーのスクリーニングで不適切な薬剤を変更

2016年08月16日 07:05

4名の医師が参考になったと回答 

 高齢者の薬物療法における問題点として、慢性疾患をはじめ複数の疾患の合併による、複数の診療科からの多剤併用処方(ポリファーマシー)が挙げられる。神戸大学病院薬剤部主任の木村丈司氏は、自施設の入院患者に対して潜在的かつ不適切に処方されている薬剤のスクリーニングを行い、対象患者の約半数で処方の変更を行ったと第58回日本老年医学会学術集会(6月8~10日、会長=金沢医科大学高齢医学講座主任教授・森本茂人氏)で報告。個々の症例で慎重な臨床判断が求められることから、主治医との連携の下、診療科横断的に処方支援できる薬剤師の必要性を強調した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  高齢者の多剤服薬に"切り込む"薬剤師