メニューを開く 検索を開く ログイン

弁膜症でもRE-LY試験の結果は同じ

事後解析結果から

 2016年08月16日 11:15
プッシュ通知を受取る

 非弁膜症性心房細動(AF)患者を評価対象としたRandomized Evaluation of Long-term Anticoagulant Therapy(RE-LY)試験の事後解析で、弁膜症(VHD)の存在はダビガトランとワルファリンの効果に影響を与えないことが分かった。米・Thomas Jefferson UniversityのMichael D. Ezekowitz氏らがCirculation2016年8月5日オンライン版)で報告した。RE-LY試験では非弁膜症性AF患者に対するダビガトランの脳卒中/全身性塞栓イベント(SEE)予防効果をワルファリンと比較した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  弁膜症でもRE-LY試験の結果は同じ