メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  弁膜症でもRE-LY試験の結果は同じ

弁膜症でもRE-LY試験の結果は同じ

事後解析結果から

 2016年08月16日 11:15
プッシュ通知を受取る

 非弁膜症性心房細動(AF)患者を評価対象としたRandomized Evaluation of Long-term Anticoagulant Therapy(RE-LY)試験の事後解析で、弁膜症(VHD)の存在はダビガトランとワルファリンの効果に影響を与えないことが分かった。米・Thomas Jefferson UniversityのMichael D. Ezekowitz氏らがCirculation2016年8月5日オンライン版)で報告した。RE-LY試験では非弁膜症性AF患者に対するダビガトランの脳卒中/全身性塞栓イベント(SEE)予防効果をワルファリンと比較した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

カジノは日本を元気にする?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  弁膜症でもRE-LY試験の結果は同じ

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07504423 有効期限:7月末まで