メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  ストレス対応力が低いと燃え尽きリスク5倍

ストレス対応力が低いと燃え尽きリスク5倍

指導医での解析結果

2016年08月19日 07:20

20名の医師が参考になったと回答 

 ストレスへの対処能力が低い指導医は、高い指導医に比べてバーンアウト(燃え尽き症候群)となるリスクが4.7倍有意に高いことが、筑波大学大学院疾患制御医学地域医療教育学の河村由吏可氏らの解析で分かった。第48回日本医学教育学会大会(7月29~30日、大会長=大阪医科大学学長・大槻勝紀氏)における伊藤慎氏による報告に関連した発表(関連記事)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  ストレス対応力が低いと燃え尽きリスク5倍