メニューを開く 検索 ログイン

NICEがクリゾチニブの非推奨を覆す

進行NSCLCの第一選択薬に

2016年08月23日 07:10

 英国立臨床評価機構(NICE)は8月17日、進行非小細胞肺がん(NSCLC)に対する第一選択薬としてALK阻害薬のクリゾチニブを推奨する最終ガイダンス案を公表した。日本国内では2012年3月に「ALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発NSCLC」を適応として承認された同薬だが、NICEは2013年8月に同薬が費用対効果に見合わないとして「英国保健サービス(NHS)での使用を推奨しない」とする最終ガイダンス案を公表していた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  NICEがクリゾチニブの非推奨を覆す

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD504472 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外