メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ライソゾーム酸性リパーゼ欠損症は治療可能

新薬の登場で

 2016年08月24日 07:15
プッシュ通知を受取る

天野氏 ライソゾーム病の一種であるライソゾーム酸性リパーゼ欠損症(LAL-D)は、ライソゾーム内の酸性リパーゼ(LAL)の活性低下を来す遺伝性疾患で、完全欠損例ではライソゾームにコレステロールエステルとトリグリセライドが蓄積し、生後数カ月で発症して1歳までに死に至る。多くの症例は小児期に発症するが、成人で診断される症例もある。主な臨床所見は肝腫大、肝機能異常、脂質異常症などである。新薬の登場により治療可能になったLAL-Dの診断と治療について、東京慈恵会医科大学病院消化器・肝臓内科の天野克之氏に解説してもらった。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

緊急時の感染症対応に強力な司令塔

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  ライソゾーム酸性リパーゼ欠損症は治療可能