メニューを開く 検索を開く ログイン

がんと糖尿病でうつ病との関係性が異なる

第13回日本うつ病学会総会

 2016年08月25日 07:25
プッシュ通知を受取る

 うつ病により身体疾患が悪化し、身体疾患を抱えるとうつ病に罹患しやすいという双方向の関連が指摘されている。ただし、岡山大学大学院生体制御科学専攻脳神経制御学講座講師の稲垣正俊氏は、国内外のエビデンスなどを検証した結果から、糖尿病や心血管疾患といった生活習慣病とがんでは、うつ病との関係性が異なることを、第13回日本うつ病学会総会(8月5~6日、会長=名古屋大学大学院精神医学/精神生物学主任教授・尾崎紀夫氏)で指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

家庭で楽しみな風呂は?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  がんと糖尿病でうつ病との関係性が異なる

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12504499 有効期限:12月末まで