メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  抗がん薬による悪心嘔吐の予防薬が米で承認

抗がん薬による悪心嘔吐の予防薬が米で承認

急性、遅発性両方の予防に

 2016年08月25日 07:20

 米・Heron Therapeutics社は8月10日、独自のポリマーベースの薬物送達技術を使った悪心嘔吐予防薬の5-HT3受容体拮抗制吐薬グラニセトロン注射(商品名:SUSTOL)が米食品医薬品局(FDA)より承認を受けたことを発表した。同薬は、乳がんなどで汎用されるアントラサイクリン系抗がん薬とシクロホスファミドを含むレジメンに関連する急性嘔吐、遅発性嘔吐の両方の予防に有効とされる。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

5日以上グラニセトロンの治療レベルを維持

 SUSTOLは、他の制吐薬との併用により、中等度リスクの催吐性がある化学療法、あるいはアントラサイクリン系抗がん薬、シクロホスファミドを含むレジメンの初期あるいは反復コースに関連する急性および遅発性の悪心・嘔吐を予防する徐放性グラニセトロン注射液である。

 SUSTOLは、米国で初めて承認されるポリマーベースの薬物送達技術を使った薬剤で、5日以上グラニセトロンの治療レベルを維持し、かつ抗がん薬による急性嘔吐、遅発性嘔吐の両方の予防に有効とされる。

 SUSTOLの第Ⅲ相試験では、2,000人以上のがん患者を対象に急性期(化学療法後1日目)と遅発期(化学療法後2~5日目)における同薬の有効性と安全性が評価された。

 ただし同薬は、グラニセトロンおよびSUSTOL、5-HT3受容体拮抗の何らかの成分に過敏性の既往歴がある患者に対しては禁忌である。また重篤な腎機能障害がある患者には投与すべきでないとされ、中等度の腎障害がある患者に対しては、14日に1回以上の頻度で投与すべきでないとされている。

 3%以上の患者に認められた同薬の有害事象は注射部位反応、便秘、疲労、頭痛、下痢、腹痛、不眠症、消化不良、めまい、無力、胃食道逆流であった。

(髙田あや)

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ランキング

  1. 1

    "美容整形"後遺症に対する修正手術の実際

  2. 2

    GLP-1薬でパーキンソン病の運動能力が改善

  3. 3

    脳動脈瘤治療は血管内治療に劇的シフト!

  4. 4

    陰毛処理に関連する傷害が4人に1人で発生

  5. 5

    脳卒中後スタチン中止で再発リスク増加

  6. 6

    製造販売後調査で1品目4,200万円

  7. 7

    皮膚科医が地方で勤務する条件が明らかに

  8. 8

    わずかな力で片麻痺患者の歩行を補助

  9. 9

    切除不能肝細胞がんに対するレンバチニブ

  10. 10

    米国のてんかん患者数が増加、CDC・2015年推計

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    "HDL-C上昇薬"の悲劇と不可解

  2. 2

    漢方生薬、記載のない重大リスクも

  3. 3

    週3~4回の飲酒で糖尿病リスクが最低に

  4. 4

    製薬業界の自主規制、「行き過ぎてないか」

  5. 5

    生活指導で年相応の睡眠時間を

  6. 6

    "糖尿病が世界を滅ぼす"が現実に!?

  7. 7

    2つのチェックリストをフレイル予防に活用

  8. 8

    3つのGLを統合した成人肺炎診療GLとは?

  9. 9

    脳梗塞と誤認されたフグ毒中毒の症例

  10. 10

    うつ病像の変化、医療スタッフの変化も促す

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  抗がん薬による悪心嘔吐の予防薬が米で承認

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P08504502有効期限:8月末まで