メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  抗がん薬による悪心嘔吐の予防薬が米で承認

抗がん薬による悪心嘔吐の予防薬が米で承認

急性、遅発性両方の予防に

2016年08月25日 07:20

1名の医師が参考になったと回答 

 米・Heron Therapeutics社は8月10日、独自のポリマーベースの薬物送達技術を使った悪心嘔吐予防薬の5-HT3受容体拮抗制吐薬グラニセトロン注射(商品名:SUSTOL)が米食品医薬品局(FDA)より承認を受けたことを発表した。同薬は、乳がんなどで汎用されるアントラサイクリン系抗がん薬とシクロホスファミドを含むレジメンに関連する急性嘔吐、遅発性嘔吐の両方の予防に有効とされる。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  抗がん薬による悪心嘔吐の予防薬が米で承認