メニューを開く 検索 ログイン

創薬ターゲットとしてのセマフォリンを解く

Sema3Aは代謝性骨疾患、Sema4Dは関節リウマチ

2016年08月26日 07:10

 セマフォリンは、神経軸索の伸長を導く「手旗信号」として、神経回路を形成させる発生学上重要な蛋白質である。近年、免疫反応に重要な機能を持つ一群「免疫セマフォリン」が見いだされ、その制御が代謝性骨疾患や自己免疫疾患、がんなど広範囲にわたる疾患の治療に寄与する可能性が示された。創薬ターゲットとして注目を集めるセマフォリンのうち、骨の恒常性維持に関与するセマフォリン3A(Sema3A)、および関節リウマチ(RA)治療に期待が寄せられるSema4Dについて、セマフォリン研究の牽引者の一人である大阪大学大学院呼吸器・免疫アレルギー内科学教授の熊ノ郷淳氏が、第34回日本骨代謝学会学術集会(会長=近畿大学奈良病院整形外科・リウマチ科教授・宗圓聰氏)で解説した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  創薬ターゲットとしてのセマフォリンを解く

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD504492 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外