メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  オルソケラトロジーは近視進行を抑制

オルソケラトロジーは近視進行を抑制

ハードコンタクトレンズによる角膜矯正

2016年08月29日 07:05

 近年、近視の有病率が高いアジア諸国で近視のコントロールを目的としたオルソケラトロジー(OK)が普及している。筑波大学病院眼科講師の平岡孝浩氏は、OKは眼鏡による矯正と比べて近視の指標となる眼軸長の伸長を有意に抑制し、10年間の長期継続でも近視進行抑制の観点から有効であると第59回日本コンタクトレンズ学会総会(フォーサム2016東京、7月1~3日、会長=慶應義塾大学眼科学教授・坪田一男氏)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  オルソケラトロジーは近視進行を抑制