メニューを開く 検索を開く ログイン

リンチ症候群の診断のポイント

スクリーニングと内視鏡サーベイランスが重要

 2016年08月29日 07:15
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 遺伝性大腸がんの中でもリンチ症候群は最も頻度の高い疾患の1つで(国内では大腸がん全体の2〜3%)、常染色体優性遺伝形式を呈する。家族性大腸腺腫症(FAP)におけるポリポーシスと異なり、特徴的な内視鏡所見が認められず、臨床所見のみでの診断は困難であり、確定診断には遺伝学的検査が必要となる。国立がん研究センター中央病院内視鏡科の中島健氏は「リンチ症候群の診断はいかに一般の大腸がん患者から拾い上げるか、また診断後の内視鏡によるサーベイランスが重要」と第14回日本臨床腫瘍学会学術集会(7月28〜30日、会長=神戸大学大学院腫瘍・血液内科教授・南博信氏)で述べた。(読み解くためのキーワード:リンチ症候群

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

猛暑を過ごすイチ押しは?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  リンチ症候群の診断のポイント

error in template: found but mtif was expected