メニューを開く 検索 ログイン

BRCA陽性進行卵巣がん 米で優先審査

PARP阻害薬rucaparib

2016年08月29日 07:20

 米・Clovis Oncology社は8月23日、BRCA遺伝子変異陽性の卵巣がん患者で、少なくとも2つの化学療法レジメンの治療歴がある進行例に対するPARP阻害薬rucaparibについて、米食品医薬品局(FDA)が優先審査を開始したと発表した。同薬に関する処方箋薬ユーザーフィー法(PDUFA;Prescription Drug User Fee Act)のアクション・デート(審査終了目標日)は、半年後の来年(2017年)2月23日。同薬は昨年4月にFDAより画期的治療薬(Breakthrough Therapy)に指定されている。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  BRCA陽性進行卵巣がん 米で優先審査

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD504539 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外