メニューを閉じる 検索を閉じる メニューを開く 検索を開く
 学会レポートへ戻る
follow us in feedly
follow us in feedly

抗血栓療法中の区域麻酔・神経ブロックで指針

日本ペインクリニック学会、日本麻酔科学会、日本区域麻酔学会が合同で

学会レポート | 2016.08.30 07:10

 日本ペインクリニック学会、日本麻酔科学会、日本区域麻酔学会は3学会合同で「抗血栓療法中の区域麻酔・神経ブロックガイドライン」(以下、GL)を作成することを決定、今年9月に日本ペインクリニック学会ホームページで学会会員に公開予定である。近年、糖尿病患者、神経疾患患者、高齢者など、神経系にリスクのある患者で区域麻酔(硬膜外麻酔、脊髄くも膜下麻酔)・神経ブロック適用者が増加している一方で、抗血栓療法を受けている患者も増加している中、2014年8月にGLの作成を決定した。群馬大学大学院麻酔神経科学分野教授の齋藤繁氏がGL作成の経緯について日本ペインクリニック学会第50回大会(7月7~9日、会長=昭和大学横浜市北部病院病院長・世良田和幸氏)のシンポジウム「安全委員会企画 有害事象報告神経ブロック・インターベンショナル治療と薬物療法にひそむピットフォール」で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  1. 1

    PPIが精子の質に悪影響

  2. 2

    快刀乱麻⑫ 総会議決権の制限

  3. 3

    造影剤腎症にデータで対抗する

  4. 4

    糖質制限は難治てんかんに有効

  5. 5

    "あべこべ" になった食事療法の今後

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  学会レポート >  抗血栓療法中の区域麻酔・神経ブロックで指針