メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  ソホスブビル、GT3型C型肝炎に追加申請

ソホスブビル、GT3型C型肝炎に追加申請

 2016年08月31日 18:55
プッシュ通知を受取る

 ギリアド・サイエンシズ社は本日(8月31日)、C型慢性肝炎治療薬ソホスブビル(商品名:ソバルディ錠)のリバビリンとの24週併用療法において、ゲノタイプ(GT)3型C型肝炎に対する国内での適応追加を申請したと発表した。GT3型C型肝炎に対しては、まだ確立された治療法がない。

続きを読む(読了時間:約 0.5 分) 

欧米では複数のゲノタイプに適応

 ソホスブビルは、リバビリンとの12週間併用投与において、GT2型のC型慢性肝炎またはC型代償性肝硬変の治療薬として、昨年(2015年)3月に製造販売承認を受けている。今回の申請は、リバビリンとの24週間併用投与によるGT3型のC型慢性肝炎患者(555例)を対象とした、主に4件の海外臨床試験の成績に基づくもので、「GT1型を除くC型慢性肝炎およびC型代償性肝硬変のウイルス血症の改善」を予定効能・効果として一部変更承認申請を行った。

 ソホスブビルは、米国ではGT1、2、3、4型のC型肝炎ウイルス(HDV)感染症、欧州ではGT1、2、3、4、5、6型のHCV感染症の治療に対して、他の薬剤との併用による抗ウイルス治療での1剤として、既に承認を受けている。

(慶野 永)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ひと月の小遣いは?(医師会員からの投稿)

ホーム »  ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  ソホスブビル、GT3型C型肝炎に追加申請

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12504577 有効期限:12月末まで