メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  PCI後の至適薬物療法に影響する因子は?

PCI後の至適薬物療法に影響する因子は?

 2016年09月01日 07:10
プッシュ通知を受取る

遠藤氏 経皮的冠動脈インターベンション(PCI)後の至適薬物療法(OMT)の実施は総合的な予後改善に不可欠だが、日本と欧米では処方に対する考え方に違いがあるようだ。東京都済生会中央病院循環器科の遠藤彩佳氏らは、日本におけるPCI後のレジストリデータベース・Keio interhospital Cardiovascular Studies(KiCS)の解析から、高齢患者、非急性冠症候群患者(非ACS患者)などではOMTの処方率が低いことを明らかにし、第25回日本心血管インターベンション治療学会学術集会(7月7~9日、会長=東邦大学医療センター大橋病院循環器内科教授・中村正人氏)のシンポジウム「OMTとPCI」で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

テニス・大坂なおみが初凱旋試合(東レPPO)。どこまで勝ち上がれるか?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  PCI後の至適薬物療法に影響する因子は?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09504545 有効期限:9月末まで