メニューを開く 検索 ログイン

GLP-1受容体作動薬による透析予防に手応え

2016年09月02日 07:10

1名の医師が参考になったと回答 

近藤氏 今春、日本医師会、日本糖尿病対策推進会議、厚生労働省の3者が糖尿病性腎症重症化予防に関わる協定を締結し予防プログラムが策定された。国がいよいよ透析予防に本気を見せた感があるが、かねてこの問題を自らの使命とする日本慢性疾患重症化予防学会(JMAP)のサマーセミナーが、8月4日東京で開催された。JMAP方式による透析予防の最新のアウトカムを紹介した臼杵市医師会立コスモス病院(大分県)の近藤誠哉氏の発表を紹介する。(関連記事:JMAP方式透析予防は専門医不足地域で有用

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  医療の現場レポート »  GLP-1受容体作動薬による透析予防に手応え

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD504565 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外