メニューを開く 検索を開く ログイン

免疫関連副作用、多科チーム医療で対応

聖マリアンナ医大病院での取り組みを紹介

 2016年09月02日 07:15
プッシュ通知を受取る

 免疫チェックポイント阻害薬の副作用(免疫関連副作用)は多種多様であり、診療科の垣根を越えた対応が求められる。聖マリアンナ医科大学臨床腫瘍学講座教授の中島貴子氏は、第14回日本臨床腫瘍学会学術集会(7月28〜30日、会長=神戸大学大学院腫瘍・血液内科教授・南博信氏)において、自院で結成された多職種、多科による免疫関連副作用対策チームの取り組みを紹介。チームを介した他科コンサルトが有効に機能しており、副作用による投与中止例はこれまで経験していないと報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  免疫関連副作用、多科チーム医療で対応