メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

CRT非反応例の予後に僧帽弁閉鎖が関与

心不全による入院の予測にエコー評価が有用か

 2016年09月02日 07:20
プッシュ通知を受取る

 心臓再同期療法(CRT)は薬剤抵抗性で同期不全を伴う重篤な心不全患者に対して有用な治療法だが、治療の効果が現れないノンレスポンダーが一定数存在する。大阪大学大学院循環器内科学の南口仁氏は、心エコー図による評価がCRT植え込み後の心不全による入院を予測しうるか検討し、ノンレスポンダー群の入院例で中等度以上の僧帽弁逆流が多かったことを第63回日本不整脈心電学会学術大会(会長=筑波大学循環器内科教授・青沼和隆氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  CRT非反応例の予後に僧帽弁閉鎖が関与