メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  欧州で脂質管理GL改訂、米と一線画す

欧州で脂質管理GL改訂、米と一線画す

Treat to Targetを維持

2016年09月02日 07:25

 欧州心臓病学会(ESC)と欧州動脈硬化学会(EAS)は8月27日、両学会が合同で策定した脂質異常症管理ガイドライン(GL)をEur Heart J2016年8月27日オンライン版)などに発表した。2011年以来、5年ぶりの改訂。この間に米国心臓協会(AHA)と米国心臓病学会(ACC)が発表した心血管疾患(CVD)予防GLでは脂質値の目標値が撤廃されたことが話題を呼んだが、今回発表された欧州のGLでは従来通りLDLコレステロール(LDL-C)の目標値を明示。米国のGLとは一線を画し、Treat to targetが適切とする方針が打ち出された(関連記事)。また、改訂GLには目標値を達成するための薬物療法におけるPCSK9阻害薬の位置付けも示された。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  欧州で脂質管理GL改訂、米と一線画す