メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  財政を逼迫させるがん新薬

財政を逼迫させるがん新薬

 2016年09月08日 07:10
プッシュ通知を受取る

 新薬の薬価高騰により、米国では数年前から薬剤の費用効果についての議論が活発になってきた。わが国では、昨年(2015年)12月に、切除不能な進行・再発の非小細胞性肺がん(NSCLC)にも抗PD-1抗体ニボルマブが適応拡大され、高額な免疫チェックポイント阻害薬が罹患数の多いNSCLCに使用可能になったことにより、国民皆保険下で維持できるのかが大きな社会問題となった。この問題について、日本赤十字社医療センター化学療法科の國頭英夫氏が警鐘を鳴らす。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高校野球4強出揃う。優勝は?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  財政を逼迫させるがん新薬

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08504641 有効期限:8月末まで