メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

財政を逼迫させるがん新薬

 2016年09月08日 07:10
プッシュ通知を受取る

 新薬の薬価高騰により、米国では数年前から薬剤の費用効果についての議論が活発になってきた。わが国では、昨年(2015年)12月に、切除不能な進行・再発の非小細胞性肺がん(NSCLC)にも抗PD-1抗体ニボルマブが適応拡大され、高額な免疫チェックポイント阻害薬が罹患数の多いNSCLCに使用可能になったことにより、国民皆保険下で維持できるのかが大きな社会問題となった。この問題について、日本赤十字社医療センター化学療法科の國頭英夫氏が警鐘を鳴らす。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  財政を逼迫させるがん新薬

error in template: found but mtif was expected