メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  財政を逼迫させるがん新薬

財政を逼迫させるがん新薬

 2016年09月08日 07:10
プッシュ通知を受取る

 新薬の薬価高騰により、米国では数年前から薬剤の費用効果についての議論が活発になってきた。わが国では、昨年(2015年)12月に、切除不能な進行・再発の非小細胞性肺がん(NSCLC)にも抗PD-1抗体ニボルマブが適応拡大され、高額な免疫チェックポイント阻害薬が罹患数の多いNSCLCに使用可能になったことにより、国民皆保険下で維持できるのかが大きな社会問題となった。この問題について、日本赤十字社医療センター化学療法科の國頭英夫氏が警鐘を鳴らす。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  財政を逼迫させるがん新薬

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06504641 有効期限:6月末まで