メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  オプジーボ、腎細胞がんに適応拡大

オプジーボ、腎細胞がんに適応拡大

国内では悪性黒色腫、非小細胞肺がんに次いで3つ目

 2016年09月08日 14:50

 小野薬品工業は9月7日、免疫チェックポイント阻害薬である抗PD-1(programmed cell death-1)モノクローナル抗体のニボルマブ(商品名:オプジーボ)について、「根治切除不能または転移性の腎細胞がん」に対する追加適応が8月26日付けで承認されたことを発表した。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

ホジキンリンパ腫、頭頸部がんでも適応申請中

 ニボルマブの国内での承認は、悪性黒色腫(根治切除不能例)、非小細胞肺がん(切除不能な進行・再発例)に次いで、3つ目のがん種での適応となる。

 日本も参加した非盲検ランダム化比較第Ⅲ相臨床試験(CheckMate-025試験)では、既治療の根治切除不能または転移性の腎細胞がんを対象に、ニボルマブの有効性が経口mTOR阻害薬エベロリムスを対照に比較された。その中間解析の結果、主要評価項目である全生存期間(OS)中央値は、エベロリムス群の19.6カ月(95%CI 17.6~23.1)に対し、ニボルマブ群では25カ月(同21.7~NE)と有意な延長が示された〔ハザード比0.73(95%CI 0.60~0.89)、P=0.0018〕。同試験は独立データモニタリング委員会(DMC)の評価により、早期終了となった。

 なお同社は現在、再発または難治性のホジキンリンパ腫、および再発または遠隔転移を有する頭頸部がんに対しても、ニボルマブの国内適応承認申請を行っているという。

(髙田あや)

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ランキング

  1. 1

    妊娠中の抗うつ薬使用が児の自閉症リスクに

  2. 2

    真菌感染症の早期発見のために10の質問

  3. 3

    うつ病像の変化、医療スタッフの変化も促す

  4. 4

    世界の2人に1人以上がピロリ菌に感染

  5. 5

    今後読みたい記事は?

  6. 6

    女性の腎結石リスクに妊娠歴が強く関係

  7. 7

    "糖尿病が世界を滅ぼす"が現実に!?

  8. 8

    虫垂切除によるUCの重症度軽減見られず

  9. 9

    Q:飲酒量が多い国は?

  10. 10

    インフリキシマブの保険償還に要望書

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    小児の即席麺関連熱傷、わが国で発生率高い

  2. 2

    今話題の「筋膜リリース」ってなんだ?!

  3. 3

    "HDL-C上昇薬"の悲劇と不可解

  4. 4

    漢方生薬、記載のない重大リスクも

  5. 5

    製薬業界の自主規制、「行き過ぎてないか」

  6. 6

    週3~4回の飲酒で糖尿病リスクが最低に

  7. 7

    生活指導で年相応の睡眠時間を

  8. 8

    大動脈ステントグラフトで死亡例も

  9. 9

    "糖尿病が世界を滅ぼす"が現実に!?

  10. 10

    2つのチェックリストをフレイル予防に活用

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  オプジーボ、腎細胞がんに適応拡大

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P08504660有効期限:8月末まで