メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  解説 »  自殺回避の鍵は「家庭内に居場所」

自殺回避の鍵は「家庭内に居場所」

4万人規模の意識調査/日本財団

 2016年09月09日 19:22
プッシュ通知を受取る

イメージ画像

 日本の自殺者数は2010年以降6年連続で減少したが、昨年(2015年)の自殺者数は約2万4,000人であり、日本の自殺率は先進7カ国で突出して高く、15歳~39歳の死因第1位であることが世界保健機関(WHO) Mortality Databaseから指摘されている。深刻な状況に対し、自殺対策基本法が今年4月に改正され、対策の強化が進められている。こうしたなか、日本財団は「いのち支える自殺対策プロジェクト」を発足させて、9月10日の「WHO世界自殺予防デー」にあわせて全都道府県4万人超を対象に自殺への意識調査を実施。9月7日に都内で開かれたプレスセミナーでは、同調査の結果から自殺念慮や自殺未遂経験の実態、自殺ハイリスク群の特徴、自殺リスク抑制要因などについて発表された。自殺を回避するための鍵として、家庭内に居場所があるといった自己有用感が高いことなどが明らかになったという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  解説 »  自殺回避の鍵は「家庭内に居場所」

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12504676 有効期限:12月末まで