メニューを開く 検索 ログイン

医療関連死が証明された死後画像診断

死因究明制度先進国・オーストラリアからの症例報告

2016年09月12日 16:05

 昨年10月にわが国で医療事故調査制度が開始され、死後画像の重要性が高まりつつある。千葉大学法医学教室・杏林大学放射線学教室の吉田真衣子氏は、死因究明制度が整っているオーストラリアのビクトリア法医学研究所で死後画像が役立った医療関連死症例を第14回オートプシー・イメージング学会(8月27~28日)で提示した。CT画像と解剖により死因が明らかとなり、解剖中の手技によるものではないことも証明できたと述べた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  医療関連死が証明された死後画像診断

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD504671 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外