メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  好酸球「除去」する新薬、重症喘息の増悪を半減

好酸球「除去」する新薬、重症喘息の増悪を半減

抗好酸球モノクローナル抗体benralizumab、2件の第Ⅲ相試験の成績

2016年09月12日 07:00

イメージ画像 (c)Getty Images

 高用量の吸入ステロイド薬(ICS)と長時間作用性β2刺激薬(LABA)による治療でもコントロール不良な重症喘息患者に対する追加治療薬として、抗好酸球モノクローナル抗体benralizumabの有効性と安全性を検証するために実施された第Ⅲ相臨床試験であるCALIMA試験とSIROCCO試験の成績が、欧州呼吸器学会(ERS 2016、9月3~7日、ロンドン)で発表された。Benralizumabは、インターロイキン(IL)-5を直接のターゲットとする抗IL-5モノクローナル抗体のメポリズマブやreslizumabとは異なり、IL-5受容体のαサブユニット(IL-5Rα)に結合するモノクローナル抗体。NK細胞などを介して好酸球を「除去」する作用があるとされている。重症喘息患者計約2,500例を対象とした両試験では、プラセボ群に比べbenralizumab群で年間の増悪率が最大で約50%低下。肺機能や喘息症状の改善も認められ、安全性も確認されたという。両試験の成績はLancet2016年9月4日オンライン版:CALIMA試験SIROCCO試験)に掲載されている。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  好酸球「除去」する新薬、重症喘息の増悪を半減