メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  褥瘡患者では亜鉛値の測定と改善努力を

褥瘡患者では亜鉛値の測定と改善努力を

 2016年09月13日 07:20
プッシュ通知を受取る

 近年、褥瘡や皮膚脆弱性と亜鉛(Zn)不足の関連が認識されてきたが、現行の「褥瘡予防・管理ガイドライン」(第3版)では、褥瘡患者に対する栄養評価の推奨度はC1としている。日光野口病院(栃木県)の目黒浩昭氏らは、同院の新規入院患者に対し網羅的に血清Zn値と血清アルブミン(alb)値を測定し、褥瘡、皮膚脆弱性などとの関連を検討した結果から、Zn正常化の重要性を訴え、褥瘡患者ではZn値の測定と改善努力が有用であることを第18回日本褥瘡学会学術集会(9月2~3日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

テニス・大坂なおみが初凱旋試合(東レPPO)。どこまで勝ち上がれるか?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  褥瘡患者では亜鉛値の測定と改善努力を

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09504693 有効期限:9月末まで