メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  "Treat to Target堅持"は適切

"Treat to Target堅持"は適切

日本動脈硬化学会理事長・山下静也氏

 2016年09月13日 07:15
プッシュ通知を受取る

 最近発表された欧州心臓病学会(ESC)と欧州動脈硬化学会(EAS)の脂質管理ガイドライン(以下、欧州GL)では、従来通り患者の心血管リスクに応じてLDLコレステロール(LDL-C)の目標値を設定し、管理するTreat to Target方式を堅持した(関連記事)。この点を評価する日本動脈硬化学会理事長の山下静也氏に、欧州GL、さらに同学会で改訂中の「動脈硬化性疾患予防ガイドライン」(以下、GL2017年版)の改訂ポイントについて解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

長引く千葉県の停電、責任はどこに

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  "Treat to Target堅持"は適切

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09504700 有効期限:9月末まで