メニューを開く 検索を開く ログイン

免疫関連副作用の管理、薬剤師の役割は?

きめ細かい経過観察と患者教育が不可欠

 2016年09月14日 07:05
プッシュ通知を受取る

 免疫チェックポイント阻害薬は外来での投与が主流であり、その副作用(免疫関連副作用)を早期に発見するためには、薬剤師の積極的な介入が欠かせない。近畿大学病院薬剤部の藤原季美子氏は、第14回日本臨床腫瘍学会(7月28〜30日)で、同薬の副作用管理について薬剤師の立場から講演。きめ細かい経過観察と患者教育を心がけ、副作用の早期発見に努めている同院の現状を紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナ感染者、日本はなぜ少ない

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  免疫関連副作用の管理、薬剤師の役割は?

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05504659 有効期限:5月末まで