メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  急性脳梗塞での胸部X線が治療開始を遅延

急性脳梗塞での胸部X線が治療開始を遅延

【海外短報】

 2016年09月15日 07:00

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 急性脳梗塞患者に対する静注血栓溶解療法前の胸部X線撮影(CXR)がdoor-to-needle time(病院到着から血栓溶解療法開始までの時間)を延長する要因になっていると、米・Wayne State UniversityのグループがNeurology2016; 87: 782-785)に発表した。

続きを読む 

静注血栓溶解療法の開始後に行うのが適切

 同グループは、急性脳梗塞患者615例を対象とした多施設共同試験のデータを用いて、静注血栓溶解療法前にCXRを施行した患者と非施行患者の特徴を比較した。また、CXRとdoor-to-needle timeとの関係を評価した。

 615例中243例で静注血栓溶解療法前にCXRが行われていた。静注血栓溶解療法前にCXRを受けた群は同療法後にCXRを受けた群と比べ、入院時に神経学的欠損が見られる割合が高く、呼吸数が多く、door-to-needle timeが長かった。入院後24時間以内の心肺有害事象の発現率、7時間までの気管内挿管率、院内死亡率は両群間で差はなかった。

 静注血栓溶解療法前CXR施行群は非施行群と比べdoor-to-needle timeが有意に長かった(75.8分対58.3分、P=0.0001)。ロジスティック回帰分析の結果、CXRの施行は、60分以上のdoor-to-needle time延長と独立した関係を示した(オッズ比2.78、95%CI 1.97〜3.92、P=0.00001)。

 同グループは「静注血栓溶解療法が禁忌となるような重篤な心肺状態でない限り、CXRを施行する場合は静注血栓溶解療法開始後に行うべきである」としている。

(編集部)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  急性脳梗塞での胸部X線が治療開始を遅延

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10504690 有効期限:10月末まで