メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

【解説】乳がん予後予測はどこまで可能か

がん研究会有明病院乳腺センター・乳腺内科・部長/ 伊藤良則氏

 2016年09月15日 07:15
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 早期乳がん患者に対して術後化学療法を行うべきか―。この判断をするための多遺伝子アッセイの1つであるMammaPrintを用いて早期乳がん患者の再発リスクを評価し、予後を解析した国際ランダム化比較第Ⅲ相試験であるMINDACTの結果が最近報告された(関連記事)。わが国の現行の乳癌診療ガイドライン(2015年版)では、MammaPrintの推奨グレードはC1となっているが、来年(2017年)に予定されている同ガイドライン改訂にはこの試験結果はどのように影響するのか。日本乳癌学会の理事である伊藤良則氏にMINDACT試験結果の意義について解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  【解説】乳がん予後予測はどこまで可能か