メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  Aiを自身の医療行為の証拠に 

Aiを自身の医療行為の証拠に 

医療事故調査制度の開始から10カ月を迎えてシンポジウム

 2016年09月16日 07:15
プッシュ通知を受取る

イメージ画像

 昨年(2015年)10月1日に医療事故調査制度が施行され、医療事故が発生した場合、医療機関の管理者は医療事故調査・支援センターへ報告し、原因を明らかにするための医療事故調査を行うこととなった。第14回オートプシー・イメージング学会(8月27~28日)で同制度の目的や概要、活用法について議論するシンポジウムが開催され、コーディネーターの千葉県がんセンター診療部長の髙野英行氏は、同制度開始から10カ月経過したが医療事故報告数に対し院内調査結果の報告数が少ない現状を指摘。客観性を保つためオートプシー・イメージング(Ai)を第三者の立場で行うことの必要性を強調した。〔読み解くためのキーワード:オートプシー・イメージング

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医師が時間外労働、年2100時間超。先生は?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  Aiを自身の医療行為の証拠に 

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11504713 有効期限:11月末まで