メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

Aiを自身の医療行為の証拠に 

医療事故調査制度の開始から10カ月を迎えてシンポジウム

 2016年09月16日 07:15
プッシュ通知を受取る

イメージ画像

 昨年(2015年)10月1日に医療事故調査制度が施行され、医療事故が発生した場合、医療機関の管理者は医療事故調査・支援センターへ報告し、原因を明らかにするための医療事故調査を行うこととなった。第14回オートプシー・イメージング学会(8月27~28日)で同制度の目的や概要、活用法について議論するシンポジウムが開催され、コーディネーターの千葉県がんセンター診療部長の髙野英行氏は、同制度開始から10カ月経過したが医療事故報告数に対し院内調査結果の報告数が少ない現状を指摘。客観性を保つためオートプシー・イメージング(Ai)を第三者の立場で行うことの必要性を強調した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  Aiを自身の医療行為の証拠に 

error in template: found but mtif was expected