メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  増加する非結核性抗酸菌症の治療のポイント

増加する非結核性抗酸菌症の治療のポイント

 2016年09月20日 07:25
プッシュ通知を受取る

 わが国における結核の罹患率は低下傾向にあるものの、呼吸器病変を主体に非結核性抗酸菌(NTM)による感染症の増加が指摘されている。抗菌薬による治療成功後の再発例や難治化例が問題になる一方、菌種により治療成績や疾患の予後、治療反応性が異なることなどが分かってきている。川崎医科大学呼吸器内科副部長の小橋吉博氏は、「NTM感染症では、個別化治療と抗酸菌の正確な菌種同定を含む詳細な遺伝学的解析が重要になる」と述べている。(本文中の薬剤の略語は文末の一覧をご覧ください)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

薄着の季節に向けて、先生のダイエット方法は?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  増加する非結核性抗酸菌症の治療のポイント

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04504731 有効期限:4月末まで