メニューを開く 検索を開く ログイン

学会調査、まれではない乾癬性関節炎

2015年度新規患者登録調査

 2016年09月21日 07:20
プッシュ通知を受取る

 日本乾癬学会は、昨年(2015年)、乾癬性関節炎(PsA)の調査ワーキンググループを立ち上げ、疫学報告がほとんど行われていなかったわが国のPsA患者の実態調査に着手した。福島県立医科大学皮膚科学講座主任教授の山本俊幸氏は、大学病院などの基幹病院皮膚科では乾癬患者の約15%がPsAと推定され、従来考えられてきたほどまれな疾患ではないと、第31回日本乾癬学会(9月2~3日)のシンポジウム「本邦乾癬性関節炎の特徴~疫学調査から見えてきたもの~」で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  学会調査、まれではない乾癬性関節炎