メニューを開く 検索 ログイン

学会調査、まれではない乾癬性関節炎

2015年度新規患者登録調査

2016年09月21日 07:20

 日本乾癬学会は、昨年(2015年)、乾癬性関節炎(PsA)の調査ワーキンググループを立ち上げ、疫学報告がほとんど行われていなかったわが国のPsA患者の実態調査に着手した。福島県立医科大学皮膚科学講座主任教授の山本俊幸氏は、大学病院などの基幹病院皮膚科では乾癬患者の約15%がPsAと推定され、従来考えられてきたほどまれな疾患ではないと、第31回日本乾癬学会(9月2~3日)のシンポジウム「本邦乾癬性関節炎の特徴~疫学調査から見えてきたもの~」で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  学会調査、まれではない乾癬性関節炎

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD504757 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外