メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

思春期の性同一性障害に理解を

学校と医療機関が連携して対応

 2016年09月23日 07:20
プッシュ通知を受取る

 思春期の性同一性障害(GID)当事者はさまざまな問題、悩みを持つが、告白できない割合が高いため、教員は正しい知識を持ち、学校と医療機関は連携して対応する必要がある。GID学会理事長で岡山大学大学院保健学研究科教授、同大学ジェンダークリニックの中塚幹也氏が第35回日本思春期学会学術集会(8 月27~28日)で講演した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  思春期の性同一性障害に理解を