メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

【解説】監視療法が重要な前立腺がん治療に

群馬大学泌尿器科准教授/ 伊藤一人氏

 2016年09月23日 11:55
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 前立腺特異抗原(PSA)スクリーニングの普及により、早期に発見される限局性前立腺がんが増加している。低リスクの前立腺がんに対する治療においては、即時に治療を開始せず、病状の進行を見て治療介入を決定する監視療法(active surveillance)が選択肢の1つとなるが、限局性前立腺がんに対する監視療法と根治療法(根治的切除術、放射線療法)を比較した大規模なランダム化比較試験ProtecTの結果が最近報告された(関連記事)。群馬大学泌尿器科准教授の伊藤一人氏に同試験結果の意義について解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  【解説】監視療法が重要な前立腺がん治療に