メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  解説 »  【解説】監視療法が重要な前立腺がん治療に

【解説】監視療法が重要な前立腺がん治療に

群馬大学泌尿器科准教授/ 伊藤一人氏

 2016年09月23日 11:55
プッシュ通知を受取る

 前立腺特異抗原(PSA)スクリーニングの普及により、早期に発見される限局性前立腺がんが増加している。低リスクの前立腺がんに対する治療においては、即時に治療を開始せず、病状の進行を見て治療介入を決定する監視療法(active surveillance)が選択肢の1つとなるが、限局性前立腺がんに対する監視療法と根治療法(根治的切除術、放射線療法)を比較した大規模なランダム化比較試験ProtecTの結果が最近報告された(関連記事)。群馬大学泌尿器科准教授の伊藤一人氏に同試験結果の意義について解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  解説 »  【解説】監視療法が重要な前立腺がん治療に

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12504787 有効期限:12月末まで