メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  抗スクレロスチン抗体で椎体骨折リスク7割減

抗スクレロスチン抗体で椎体骨折リスク7割減

骨粗鬆症の閉経後女性で―romosozumab第Ⅲ相試験

 2016年09月27日 07:10
プッシュ通知を受取る

 米・Columbia UniversityのFelicia Cosman氏らは、新たな機序の骨粗鬆症治療薬として期待が寄せられている抗スクレロスチン抗体romosozumabの第Ⅲ相試験であるFRAME試験の結果をN Engl J Med2016年9月18日オンライン版)に発表した。閉経後の骨粗鬆症患者約7,000例を対象とした同試験では、プラセボに比べromosozumabにより12カ月時点の新規椎体骨折リスクが73%低下することが示された。この成績は米国骨代謝学会(ASBMR2016、9月16~19日、アトランタ)でも報告された。

続きを読む(読了時間:約 2 分) 

デノスマブ治療に移行後も75%のリスク低下示す

 スクレロスチンは骨細胞から産生される蛋白質で、骨形成を抑制する。romosozumabは、スクレロスチンの作用を阻害して骨形成を促進すると考えられており、これまでの骨粗鬆症治療薬とは異なる新たな機序の骨粗鬆症治療薬として注目されている。

 FRAME試験は、同薬の有効性と安全性を評価する目的で実施された。対象は、大腿骨近位部または大腿骨頸部の低骨密度(Tスコア-2.5~-3.5)で定義した骨粗鬆症を有する閉経後女性7,180例。ベースラインにおける平均年齢は70.9歳で、平均Tスコアは腰椎で-2.72、大腿骨近位部で-2.47、大腿骨頸部で-2.75だった。

 同試験では、最初の12カ月間はromosozumab 210mgを月1回皮下投与する群とプラセボ群にランダムに割り付け、その後さらに12カ月間、両群で抗RANKL抗体デノスマブ60mgを6カ月に1回投与した。この他、24カ月の全試験期間にわたって全例にカルシウム(500~1,000mg/日)およびビタミンD3またはD2(600~800IU/日)を投与した。主要エンドポイントは12カ月および24カ月時点の新規椎体骨折の累積発生率で、副次的エンドポイントは臨床骨折(症状のある椎体骨折および非椎体骨折の合計)および非椎体骨折の累積発生率などだった。

 その結果、12カ月時点の新規椎体骨折リスクはプラセボ群に比べromosozumab群で73%有意に低かった(P<0.001、発生率:1.8% vs. 0.5%)。また、臨床骨折リスクもプラセボ群に比べromosozumab群で36%有意に低かった(P=0.008、発生率:2.5% vs. 1.6%)。非椎体骨折リスクに関しては有意な低下は認められなかった。

 さらに、24カ月時点の新規椎体骨折リスクはプラセボ群に比べ、romosozumab群で75%有意に低かった(P<0.001、発生率:2.5% vs. 0.6% )。

 変形性関節症や心血管イベント、がんなどの有害事象の頻度は両群間に有意差はなかった。ただ、romosozumab群では顎骨壊死が2例で、非定型大腿骨骨折が1例で発生した。

受け止め方は『期待通り』と『期待には及ばず』に分かれる?

 Cosman氏らは、「romosozumabの投与期間の後半6カ月間における新規椎体骨折の発生は2例のみであることから、同薬が新規椎体骨折リスクを迅速に低減させることが示された」と説明。さらに、デノスマブによる治療に移行した後も、最初の12カ月間 romosozumabを投与した群では新規椎体骨折リスクが低かったとして、romosozumabの効果が持続していた可能性を示唆している。

 一方、米・Maine Medical Center Research InstituteのClifford J. Rosen氏らは同誌の付随論評(2016年9月18日オンライン版)で、同試験の成績について「受け止め方は『期待通り』と『期待には及ばず』に分かれるかもしれない」とコメント。「romosozumabの骨密度の改善効果は驚くべきものであり、椎体骨折や臨床骨折のリスクの低減効果も大きい」と評価する一方で、顎骨壊死や非定型大腿骨骨折が発生したことを問題視し、「さらなる研究が必要」と慎重な見方を示している。

(岬りり子)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

自分の病院の外来にかかっていますか?(医師会員からの投稿)

ランキング

  1. 1

    SGLT2阻害薬で変動するがんリスク

  2. 2

    喘息でない咳にも吸入ステロイド!?

  3. 3

    生物学的製剤治療中は髄膜炎に注意

  4. 4

    糖尿病初診時に膵がんを見逃すな

  5. 5

    快刀乱麻 医師拷問死事件で判決

  6. 6

    324種の遺伝子を一度で検査、米承認

  7. 7

    【Essay】「数の論理」が通用する世界?

  8. 8

    新専門医、大都市圏で定員調整完了

  9. 9

    自分の病院の外来にかかっていますか?(医師会員からの投稿)

  10. 10

    「中皮腫細胞診断の手引き」が公表

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    呼吸器学会が新型たばこを「非推奨」

  2. 2

    コーヒー摂取による害と益の分水嶺

  3. 3

    高血圧の定義を130/80に厳格化

  4. 4

    【離島医最終回】「釣り針」の抜き方

  5. 5

    SGLT2阻害薬に初発予防効果はあるか

  6. 6

    BP製剤とSERMの直接比較の結果が発表

  7. 7

    ASCOが"危険な飲酒"に声明

  8. 8

    デュロキセチンによる疼痛治療の注意点

  9. 9

    新旧骨形成促進薬の対決

  10. 10

    セックス中の心停止例の実態調査

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  抗スクレロスチン抗体で椎体骨折リスク7割減

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12504795 有効期限:12月末まで