メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  イベント »  ストロングスタチンで低下しなければ...

ストロングスタチンで低下しなければ...

動脈硬化学会理事長・FHの早期診断にこつ

2016年09月27日 11:50

2名の医師が参考になったと回答 

 日本動脈硬化学会は、欧州動脈硬化学会(EAS)が9月24日に設定した「FH(家族性高レステロール血症) Day」を軸に、FHのさらなる早期診断と治療の推進に向け、翌9月25日に東京都でプレスセミナーを開催した。日本動脈硬化学会理事長の山下静也氏(りんくう総合医療センター病院長)は、ストロングスタチンを投与してもLDLコレステロール(LDL-C)の十分なコントロールが得られなければ、FHの可能性を考慮してほしいと述べ、アキレス腱肥厚などの臨床所見が見られないといった紛らわしいケースでFHを診断する際のコツを紹介した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  イベント »  ストロングスタチンで低下しなければ...